オフィス移転を行うメリットとは?デメリットもあわせて確認!

公開日:2022/03/01   最終更新日:2022/03/31

オフィスが手狭になってくると、仕事の効率が悪くなるだけでなく、社員のモチベーションも上がらなくなってしまいます。そのような場合は、オフィス移転を考えるのも1つの手です。今回は、オフィス移転を行うメリット・デメリットを紹介します。移転を行う際の注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

オフィス移転を行うメリット

現代ではリモートワーク体制をとっている企業が多いですが、オフィスがあることでメリットを受けられることも少なくありません。あえてこのタイミングでオフィス移転をすることで、さまざまなメリットを受けることができます。これから、オフィス移転のメリットについて解説します。

社員のモチベーション向上

オフィス移転を行って、これまでよりも広々とした空間で仕事ができるようになると、社員のモチベーションが上がるでしょう。働きやすいようにレイアウトを工夫したり、マグネットスペースを設置したりすることで、より効果を高めることができます。

立地によっては、交通の利便性も上がります。大きな駅の近くなら通勤もしやすくなるうえ、有名なオフィス街に移転すれば、社員のやる気も高まるようです。

コスト削減

現状のオフィスが会社の規模や事業内容に見合っていない場合は、オフィス移転を行い、一回り小さい空間にワークスペースを移したほうが、コストを削減できます。また、オフィスが何フロアかにまたがっている場合は、大きな1フロアにまとめたほうが、備品などのコストを安く抑えることが可能です。

さらに、拠点が複数ある場合でも、1つにオフィスをまとめることで、賃料を削減することができたり、取引先の場所や社員の居住地を考慮した立地に移転したりすれば、交通費の削減も期待できます。

企業ブランディング

オフィスを移転させ、企業の理念や考え方をオフィスに反映させることで、企業ブランディングができます。企業イメージがよくなれば、業務成績に直結するので、会社の利益を高めるためにも、オフィス移転はおすすめです。

オフィス移転を行うデメリット

オフィス移転には、メリットだけでなくデメリットもあります。

移転に手間がかかることも

オフィス移転は、簡単なことではありません。備品をすべて整理して片付けて新しいオフィスに運ぶ必要があったり、新しいオフィスでは通勤できない社員をどうするのか決めたり、さまざまな決断が迫られます。

さらに、金銭面での負担も大きいです。現状のオフィスより広いオフィスに移転する場合は、新たな備品の購入も必要になります。さらに、多くの場合では、移転元のオフィスの原状回復工事が必要です。

移転がマイナスになることも

社員にとって、オフィス移転が必ずしも喜ばしいこととは限りません。社員によっては、通勤時間が長くなるなどの理由で、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

仕事がしやすいかどうかは、人によって感じ方が違います。よりよいオフィス環境に整えたつもりでも、「前のほうがよかった」「居心地が悪い」と思う社員もいるかもしれません。そのため、まずはオフィスの最適なサイズや立地、働き方をプログラミングし、シミュレーションしたうえでオフィスを決めましょう。

オフィス移転を成功させるためには?

オフィス移転を失敗させないために注意するべきポイントがあるので紹介します。

移転の目的を明確にする

オフィス移転は会社にとって大きな取り組みになります。そのため、明確な目的がないと、社員を不安にさせてしまうだけです。現状の課題を把握し、思い描く理想のオフィスを実現するためには何をしたらいいのかを考えると、失敗は防げます。

オフィス移転に詳しい専門家に相談する

オフィス移転を行う際は、考えなければいけないことが数多くあります。最初に移転先のオフィスを決めなければいけないうえ、内装工事や設備の準備も行わなくてはいけません。その一方で、オフィス移転は頻繁に行うものではないので、スムーズに行かないことも多いです。

会社として初めてのオフィス移転なら、1から手探りで始めなければいけないため、想定外の問題が後から発生することもあります。そこで、オフィス移転を成功させるために、実績が豊富な専門家に相談するのがおすすめです。オフィス移転の専門家なら、これまでさまざまな実例を見ているため、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。万が一問題が発生したときでも、対処方法が分かるので安心です。

 

オフィス移転を行えば、社員のモチベーションを向上させることや、コストを浮かすことができるなど、さまざまなメリットがあります。一方で、移転に手間がかかったり、逆に移転したことで不具合が生じてしまったりすることもあるので、注意が必要です。

明確な目的を持ち専門家に相談をすると、オフィス移転が成功しやすいので、実際にオフィス移転を行う際は、この記事を参考にしながら、計画を立ててみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

会社の顔として知られているオフィスのエントランスの役割は、大きいです。自分の個性を存分に発揮するのではなく、企業理念、コーポレートカラー、コンセプトなどに反しないようにデザインすることが大切

続きを読む

施設が老朽化した、人員の見直しがあったなどの理由で、オフィスを移転しようか検討している人は、今回の記事を参考にしてください。社員にとって長い時間を過ごすことになるので、予算の範囲内で快適な環

続きを読む

オフィスを移転した後は、セキュリティについても対策を講じましょう。速やかに業務を開始できるように準備を進めていきます。予算の範囲内で適切な対策しましょう。今回の記事では、オフィスセキュリティ

続きを読む

コロナ禍でテレワークが推進される流れになり、オフィスが縮小傾向の企業も増えています。そうした時代背景もともなって、最近はフリーアドレスを取り入れる企業も増えてきました。この記事では、そんなフ

続きを読む

おしゃれなオフィスにすると、企業のイメージを高めることができたり、社員のモチベーションを上げることができたりするといった効果をもたらします。しかし、オフィスをおしゃれにするためにはどうすれば

続きを読む

きれいいなオフィスで仕事がしたいと思っても、整理整頓ができなかったりきれいにしても維持できなかったりといった方は多いものです。しかし、オフィスが片付いていないとさまざまなデメリットが発生する

続きを読む

「オフィス移転時にどんな什器を選べばよいのだろう?」そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。オフィス移転時には移転先の広さや雰囲気に合わせた什器選びが大切です。「什器を使うのはどんな職

続きを読む

オフィスを移転する時には、事前準備がかかせません。なかでも荷造りは日程に余裕をもって始めたいものですよね。しかもオフィスの引っ越しは大切な書類や精密なOA機器がたくさんあるので、なくしたり壊

続きを読む

オフィス移転の際には、一般的な引っ越し業者ではなく、オフィス移転を専門とする業者に依頼するようにしましょう。しかし、はじめてオフィス移転をする場合は、どこの業者に依頼すればよいか迷ってしまい

続きを読む

皆さんはオフィスを移転する際の見積もりはどのようにしていますか?オフィスの移転には多くのコストがかかるため、なるべくなら削減していきたいものですよね。今回の記事では、オフィス移転業者に見積も

続きを読む